ピースあいち誕生秘話

 「ピースあいち」は、まるで天から星が降ってくるような幸運なご縁に恵まれて
 誕生しました。

  平和のための戦争資料館の建設運動は、1993年にさかのぼります。
 戦争の風化が進むなか、戦争の教訓を次世代の平和のために役立てたいとの
 思いから、有志が愛知県と名古屋市に公的な資料館の建設を呼びかけました。
 呼びかけ人の中には、故人になられた元名古屋大学総長の飯島宗一先生や
 大須ういろ会長の山田昇平さんなど著名な方々も多くおられました。

  県議会・市議会への請願が採択され、愛知県と名古屋市は3度にわたる検討
 委員会を設置して、資料館を開設する方向で検討が進み、1999年3月、戦争
 資料館を開設するとの報告書が出されました。
  しかし、地方財政が悪化し、他方、万博・空港など大型プロジェクトが優先され、
 資料館の建設は進まなくなってしまいました。

  そのような状況のなか、2005年5月、私たちが開催した「平和のための戦争
 資料館展」の折、戦争資料館の建設が遅々として進まないことを新聞で読まれた
 加藤たづさん(当時84才)から、現在のピースあいちの土地90坪と建物建築費1億円
 のご寄付の申し出があったのです。

  加藤たづさんは、結婚して間もなく夫を亡くされ、戦後の厳しい時代を働いて生き
 抜かれ、一生かけて貯められた財産を資料館建設のために、私たちに下さったの
 です。
  この有難いご寄付を受けて、私たちは、約2年かけて市民の手による平和のため
 の「戦争と平和の資料館」をつくりました。市民による手づくりの資料館です。

  いま、約90人のボランティアの手で「館」を運営しています。
 会員の会費と支援の寄付によって財政が支えられています。多くの市民の皆さん
 の、更なるご支援をお願い致します。

 

NPO平和のための戦争メモリアルセンター                設立準備会
「戦争と平和の資料館ピースあいち」を運営しているNPO法人の
 これまでの歩み、定款(骨子)、主な役員について報告します。

 これまでの歩み

1993年 8月  「メモリアルセンターの建設を呼びかける会」発足
1994年 2月  愛知県議会へ請願書を提出、3月採択
1995年 3月  名古屋市議会へ請願書を提出、採択
1995年 9月  「戦争に関する資料館検討委員会」の審議始まる
1996年 8月  早期建設を求める5万人の署名を県知事に提出
1998年 4月  愛知県・名古屋市が戦争資料の収集を開始する
1999年 3月  「戦争に関する資料館検討委員会」が報告書を発表
2003年 4月  NPO平和のための戦争メモリアルセンター設立準備会発足
2005年 5月  「平和のための戦争資料館展」開催  
この「資料館展」会期中に、戦争資料館の用地と建設資金の寄付申出受け
     10月  NPOが「戦争と平和の資料館」の建設を決定
2006年 7月   建設工事 着工
 2007年
    5月4日
 「戦争と平和の資料館ピースあいち」 オープン

  


 私たちの活動     ―― 目的・事業内容・組織など主な事項を「定款」より抜粋 ――

◇ 名称・所在地 
 名     称  特定非営利活動法人 平和のための戦争メモリアルセンター設立準備会
 事 務 所  〒465-0091 
 名古屋市名東区よもぎ台2-820
◇ 目的及び事業
  目   的  愛知県民のために、愛知県と名古屋市が戦争資料館を設立するよう支援する 
 事業を行い平和に寄与する。
  事  業  前項の目的達成のため、次の活動を行う。          
   (1)平和の推進を図る活動          
   (2)社会教育の推進を図る活動            
   (3)国際協力の活動            
   (4)その他、戦争資料館の設立のための機関誌発行、啓発活動や図書・
     資料の収集・展示などの諸事業
◇ 会員と会費 
  正 会 員   年会費 6,000円   目的に賛同し活動を行うために入会した個人
  賛助会員  年会費 3,000円   この事業に賛同し活動を賛助する個人及び団体
支援団体会費  年 1 口  1万円
◇ 組   織 
  総   会     1. 総会は通常総会及臨時総会とし、正会員をもって構成する
  理 事 会        2. 理事会は、理事をもって構成し、総会議決事項を執行する。

                     

 役  員

  理 事 長   森嶌 昭夫(名古屋大学名誉教授)   
  副理事長   塩澤 君夫 (元愛知県立大学学長)
  野間美喜子(弁護士)
*「戦争と平和の資料館ピースあいち」館長
  竹川日出男 (元 名古屋市財政局長) 
  理   事    宮原大輔 (事務局長) ほか約20名 
  監   事   斎藤 孝   山田哲司