福島を忘れない!被ばくから8年-チェルノブイリ原発事故から34年ー(2019/3/5~5/5)

2019.01.28

福島原発事故から8年。「福島は復興しつつある」という政府の姿勢とは裏腹に、避難地の縮小や住民の帰還、放射能汚染廃棄物の現状、住民の健康被害など問題は山積し、解決の見通しは立っていません。福島の今を写真パネルなどで紹介。30数年経た今も半径30キロ圏内立ち入り禁止のチェルノブイリ原発周辺の現状もあわせて報告します。

●主催: チェルノブイリ救援中部    協力: ピースあいち

 

開催期間 2019年3月5日(火) ~ 2019年5月5日(日)
開催場所 2階プチギャラリー
入場料 入館料でご覧いただけます。
関連企画 3月9日(土)13:30~15:00 1階交流のひろば
①チェルノブイリ原発事故周辺の現状報告
戸村 京子さん (チェルノブイリ救援中部 初代理事長)
②福島原発事故から8年―現状は?
河田 昌東さん (チェルノブイリ救援中部 理事)
その他