樹木が語る戦禍―愛知の戦災樹木 (2019/12/7~2020/1/25)

2019.11.19

 戦争の被害を受けた樹木を「戦災樹木」といって、大地震・大火・落雷による被害とは区別されます。空襲に遭った「戦災樹木」は、①焼夷弾や爆弾の破片が当たって、幹や枝が破損したもの ②熱火によって焼けてしまったものがあります。この展示は清水啓介さん(戦争遺跡研究会)が発表された「東海地方の戦災樹木」(「年魚市風土記 第11号」2019年発行)の一部を紹介しています。

開催期間 2019年12月7日(土) ~ 2020年1月25日(土)
開催場所 2階プチギャラリー
入場料
関連企画
その他